2011年10月15日 RSSを使ってみよう

RSSを使ってみよう

 

RSSを使ってみよう

 

RSSというサービスをご存知ですか?

 

言葉は聞いたことあるけれど、なんのことかわからない。または一度使ってみたけどメリットが良くわからないといった方も多いのではないでしょうか。

今回は、そういった方のために、RSSとはなにか、使い方などご説明いたします。

 

RSSとはなにか?

社会ニュースはYahoo、金融はBloomberg、最新トレンドは日経BPなど、毎朝複数のサイトを開いて情報を収集していませんか?これらのサイトは配信しているニュースのヘッドラインサマリーを配信しています。このヘッドラインサマリーをRSSと呼びます。
金融系の企業等で、BloombergやReuterなどのニュースヘッドラインをまとめてモニターに流していたりする映像をご覧になられたことがあるのではないでしょうか。同じように、ニュースや記事、お気に入りのあの人のブログのヘッドラインをRSSを通じて取得して手元でまとめて見ることができます。

 

RSSはどうやったら利用できるの?

RSSの利用は簡単3ステップです。

  1. RSSリーダを導入する
    RSSは専用のRSSリーダーというソフトが必要になりますが、今回はGmailのアカウントがあれば使える「Googleリーダ」で説明します。・Googleリーダ(http://www.google.co.jp/reader/)へアクセスすると、ログイン画面が表示されますので、Googleアカウントでログインします。
    image06・ログインすると、Googleリーダのトップページが表示されます。この画面に購読したいニュースやブログ等を登録・設定します。
    image10
  2. 購読したいサイトを探す
    ニュースやブログなど、普段ブックマークに登録しているサイトはありますか?
    普段見ているサイトに「RSS」と書いてあるアイコン(例image04)があれば、クリックしてみてください。
    例:ReuterのRSS(http://jp.reuters.com/tools/rss)画面

    この画面のアイコンを右クリックし、リンク先のURLを保存してください。IEの場合は「ショートカットのコピー」です。
  3. RSSリーダに登録する
    RSSリーダに先ほどコピーしたURLを登録します。
    ・Googleリーダの画面で、「登録フィードを追加」というボタンをクリックし、先程コピーしたURLを貼りつけ、追加ボタンを押してください。最新ニュースが表示されます。

RSSを利用すると、いくつものサイトをクリックして開く必要はなく、RSSリーダだけで最新の情報を取得できます。

最近はほとんどのサイトでRSSが配信されていますので、是非利用してみてください。

 

iPhoneでのRSS利用

iPhoneやAndoroidなどのスマートフォンでも、RSSアプリはいくつも発売されています。

外出先の遅いネットワーク回線を利用していると、サイトをいくつも開いていると表示までが遅くてイライラしてしまいますよね。ヘッドラインで読みたいニュースかそうでないかを判断できるRSSを利用すると、不要な待ち時間を削減できます。

 

参考までにご紹介します。

 

MobileRSS (無料)http://itunes.apple.com/jp/app/mobilerss-free-google-rss/id333925239?mt=8
image08

 

先ほど設定したGoogleReaderと連動し、iPhone上でRSSを購読出来るアプリです。

 

・アプリをダウンロードして起動すると、ログイン画面が表示されます。
GmailのIDとパスワードを入力してログインします。

image01image09

 

・以下のような画面でRSSを購読できます。

image05image02
とても便利なツールですので、一度使ってみてください。情報の取得がとても便利に出来ますよ。


Comments are closed.