NO.7 ロビ作成 10号~11号

写真 (1)

 

皆様、こんにちは。

今回も写真加工アプリを使ってロビを撮っていきました。

が。

アングルが大体同じになってしまいました・・。

 

今回は10号からはじめていきます。

写真 (2)

ラインナップです。非常に少ないですね。写真 (3)

右腕も用意します。
写真 (4)

まず右腕の円い穴からでているケーブルを角のくぼみにはわせます。

写真 (5)

そして今回用意されているひじのバックパネルをぴたり。

はわせるだけで、はめるわけではないので

抑えながらパネルをとりつけるのは少し難しいです。

 

写真 (6)

次にフレーム(右側)に四角い穴があいているのですが見えますでしょうか。

そこに左にうつっているケーブルを通します。

 

写真 (7)

 

 

さて・・・・

 

暗くてよく見えないのですが(いろんな角度からみてしまいました)

3つ、ネジの穴が開いています。(加工してみやすくしたつもりだったのですが、見づらいです。すみません・・。)

今回の一番の難易度を示す角度45度合わせ!!

いつもきれいに四角なら四角ではまっていたのに今回はなんと45度ずれたような形にとりつけます・・。

ネジが・・・

 

ネジがはまらない!!

 

ポロッ

 

あっ・・

 

ぽろっ

 

ああ・・・・

 

ミニロビ助けて!

写真 (1)

 

・・・

空いた袋で遊んでいる

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・一人でなんとかしました・・・・・・。

 

 

ここで10号は終わりですので気を取り直して11号です。

なんと今回のパーツはモーターだけ。

写真 (2)

 

いつものように長いネジを外していきます。

そろそろモーターも数をこなしてきたので、やり方がわかってきました。

写真 (3)

 

10号で用意されていたケーブルを使用します。

保護シールをはりつけて、電子回路にふれないようにとりつけていきます。

写真 (5)

 

ふたを戻し、穴から通して・・

写真 (6)

 

ネジを対角線上に2本だけ、とりつけます。あとでまたはずすようなのでそこまできつく締めません。

写真 (7)

 

ここでロビ(上半身)の登場です。

今回のケーブルをとりつけ・・ON!

テストボタンを押すと今日のモーターが動くと思います。

 

IDを書き込んで

写真 (8)

 

今回は17番です。10と7の部分が光っていると思います。

ここで間違えるとあとから大変なようなので、慎重に。

書き込み完了しました!

 

ロビからとりはずしまして

写真 (9)

 

右腕にモーターをとりつけていきます。

なんだか机回りがちらかっていますね・・。

穴にケーブルを通し、右腕からでているケーブルをモーターの空いている方にかちっととりつけます

 

そしてばっちり

写真 (10)

 

これは45度とかではないので・・

きちんとはまるようにとりつけたら、ネジをとめていきます。

細かいパーツがひとつになりました!

 

本日は10号、11号とやっていきましたがようやく二けたに突入です!

 

(ロビの時計と一緒に)

写真 (11)

早く腕をロビにとりつけてあげたいですね・・!次回はどこをやっていくのでしょうか?

それではまた次回お会いしましょう!


Comments are closed.