楽しい仕事をしよう

BOSSのつぶやき 2015年2月

~ 楽しい仕事をしよう ~

 思うのだが、仕事は「楽しい」ことなのだろうか、と。まあ、楽しい時もあり、楽しくない時もある。とは言え、いろんな意味で「楽しい仕事」を作ることが出来ると良いとは思う。今更、この歳だし、一応社長なので、他人の芝生が青く見えても、引っ越すことは出来ない。なので、今の会社で「楽しい仕事」を作ることを考えているのだよ。(ホントだよ)

 ところで、楽しい仕事、ってものはどんな仕事なんだろうか?「楽しく仕事をする」というフレーズもあるが、こいつは、まあ言ってみれば、仕事を作る、とか選ぶ、という意味の話ではないだろう。言い方からすれば、「楽しく」働くことが出来る、ということが目標なので、まあ、職場の環境(人間関係とか事務所のスタイルとか勤務時間とか給料とか)を「楽しく」することと、一応は定義をしておこう。一方、「楽しい仕事」というと、これは、環境面もあることはあるが、まずは、仕事そのものが「楽しい」という意味で使っている。「楽しい」の他に「面白い」仕事と言っても良い。とは言え「楽しい」か「楽しくないか」(あるいは、「面白い」か「面白くない」か)は掛かって個人の感覚なので、誰が楽しいのかというと、私から見て、ICIで働いている人たちを対象として頭に浮かべて考えてみる。

 さて、「仕事」だが、そもそも、仕事とは、ということを定義しておこう。ここでは、私たちがする「仕事」とは、自分たちの「働き」の結果がお金に変わるもの、としておく。「世の中、金だけじゃないよ」とは思うが、まあ、単純に考えよう。また、「楽しい仕事」は仕事なので、こちらがお金を払えば、あるいはお金の心配をしないで、楽しさとか面白さを追求することは、娯楽になってしまう、とする。なので、私たち自身の労働(働く、つまりは資本家に時間を「搾取」されること)がお金(まあ、資本家の再生産投資分も含めた価値なか)に変わる「資本論」的な労働が仕事なんだということを、私たちの世界の前提とする。その上で、この「被搾取」時間に何をすることが「楽しい仕事」というべきかが命題となる。
もう一つ、今の仕事は「楽しい」のか、ということも考えなくてはいけない。実は、私自身にとって仕事そのものは、大体のところ「面白い」もの「楽しい」ものであった。社長だからでしょ、という訳ではなく、社会に出た時から、正直言って「学校」よりは「楽しい」ものに思えた。学校の勉強よりは、会社で受けた「研修」や実務上で仕事をするために知識を得る活動(まあ、勉強と言っても良いけど)そのものは、楽しいし、面白いものであったように思う。しかし、仕事の環境から「いやだな」と感じて、この仕事は「やりたくない」と思ったことはあったが、仕事(つまり労働)そのものは、それなりに「楽しい」とは思っていた。つまりは、「楽しくない」仕事はあったが、仕事そのものは「楽しいもの」と思ってたようだ。。仕事が好き、ということでもないが、取り立てて嫌いではなかった。とまあ、ノー天気な「サラリーマン生活」だったんでしょう、きっと。

 さて、楽しい仕事の話に戻ると、やっぱり何より基本は、ドキッとしたり、ビックリしたりすること、例えば、新しい発見のあるような仕事は、きっと楽しい。「社会的認知」とかいうものもあるが、まずは、自分の持っている何がしかの「ポイント」が増えるようなものが、楽しい仕事、と思う。幸い、ICIの業界(後で、IT産業と言っているが)は、ホントは、こうした、驚きがあふれている業界だと思う。大規模っぽい感じのシステム開発とかだと、システムの品質向上のため、ソフトウエア作成方法等を自分で考えて試してみたりということを現場でやると問題かもしれないが、それでも、まだ、自分の工夫の余地が広い仕事が多いと言えるのではないだろうか。(この部分は、面倒な言い回しになってしまったが、働き手個人の環境によるので、「楽しく」仕事が出来るかどうか、という話だよね、という感じもするが)もしかしたら他の分野の仕事でも実際は状況は同じかもしれない。ただ、製造業や販売業などを考えると、製品や商品の問題から消費者(生活者)の安全、安心を守るという責任がはっきりしているので、いろいろと手順化されたり、規則をも守ったりする活動をしていかなければならないことも多いと思う。したがってそういう仕事では、現場が年中、ドキっとしたり、ビックリしたり、するのは拙いだろう、というくらいの常識は、私にだってある。それに比較すると、IT産業界での仕事は、責任問題もあるが、個別の問題解決について、自分で何かしなければならない状況もママあり、柔軟性も自由度もあるようには思う。また、それが、ITの危険性でもあると言えよう。なので、IT産業に居ると「楽しい仕事」は作り易い、と私には思えるのだ。また、今時の他の産業での「楽しい」ドキっとするような仕事には、何がしかIT産業との連携で成り立っているものであるように思う。

 具体的には、何かな、と考えてみる。そう言えば、Googleの自動運転車やLUNA XPRIZE、またappleがやっぱり自動車を作るかな、という話もあり、自動車産業や宇宙開発あるいはエネルギーなど、これまで大規模な工業的基盤というか伝統が必要だった事業がIT産業のトップランナーから出てくるようになってきている。もちろん、これらが、JAVAとかPHPを使ったシステム開発だけで出来る訳ではないし、Googleもappleもお金の面では、それこそ伝統的な製造業やエネルギ―産業と比較してもお金持ちであるから出来ることだと思う。しかし、技術そのものや実際の仕事は、小規模な事業体を含めてIT産業が貢献できる部分は大きくなっている。複雑化した制御機器類の構造を単純化したり、多数の単機能部品の集積でなく共通部品からソフトウエアを変えることで用途に応じた制御や動きを作り出すような構造での組み立てなど、ITがあるから、これまでと違った考えで「装置」を作りなおすようなことも可能になる。例えば、今は、コスト高になっている再生可能エネルギーの社会への展開も、メガソーラーや大規模な風力発電塔群ではなく、民家の屋根にある太陽電池だけでなく、屋根の風見鶏の風車、お風呂の廃熱や水洗トイレの水流なども使って、複数の装置がお互いに自律しかつ協調して、一つの住宅あるいは地域として一定水準のエネルギーを作り出す、という形態もITを活用することで出来そうだ。その仕組みを、安価で安全かつ管理可能にして実現するには、IT屋の仕事が必要だ。こうしたことは、またITサイドからのアイディアで、基礎的な情報処理をサービスで提供するような、ソフトウエアを作り出すことでも加速できる。ICIでは、こんなことを考えたり作ったりできるようにしたいと思う。(ここから先はICIの企業秘密だよ!)

 なので、私の「楽しい仕事」作りは、なんとか行けるのでは、と考えているが、そもそも、小さいころから予想が当たることのなかった人物なので、なんにもできない方が確率が高い。そうは言っても、会社なるものを始めてしまって、しかも、仲間をそれなりに巻き込んでしまったのだから、なんとか、楽しい仕事が出来る会社を作ることに精を出そうと思っている。まあ、予想は当たらないけど、予想が外れたり、失敗したりした経験は多いので、何とかなっていくというのがBOSSの基本感。まあ、こうでも考えないと、やってられない、ということもあるが。皆さん、いつものことで、最後は取り留めもなく、また論述も中途半端ですが、今月はBOSSの「楽しい仕事」論です。


Comments are closed.