ご挨拶

ceo_藤岡宥三

2009年にスタートしたICIも7年がたとうとしております。

2009年には民主党の政権掌握、オバマ大統領就任、米国GMの世界最大の経営破たんがあり、翌2010年には日本航空が過去最大の破綻となり会社更生法の適用、2011年に東日本大震災と悪いニュースが続きました。

2012年になると、自民党政権復帰、iPS細胞の山中博士ノーベル賞受賞、日本航空企業再生がなり東京証券取引所に再上場、GMもすでにニューヨーク証券取引所に再上場して、経済再生のさきがけとなった。

2014年にはLED開発者日本人3名のノーベル賞受賞、米国景気の力強い上昇など明るいニュースが続く。

2009年に始まった経済の落ち込みは、力強い回復が見えてきた。

しかしながら、ISのテロ、北朝鮮の核実験、中国株式市場の暴落など、不吉な兆しも現れている。

一方、IT分野では、2009年以前に始まった『インターネットの活用』、『アウトソーシングの普及』から、2009年ころから『スマホの普及』、『クラウド・コンピューティング』、『ビッグデータの活用』、『3Dプリンターの普及』、『LTE/4Gなど通信の高速化・無線化』が始まり、社会インフラとしての『IT浸透の時代』へと進んできた。

今後の課題は、『IoTの普及』、『AIの活用』、『自動運転の実用化』、『ウェアラブル・デバイスの活用』、『Fin Techの普及』、『マイナンバーへの対応』など目白押しの状態である。

さて、ICIはこの7年間、創業期の苦労を乗り越え、IT需要の拡大を受けて安定期に入ってまいりました。

しかしながら、やっと勝ち取った安定に安住するのではなく、今やより大きな目標にチャレンジするステップ・ボードに乗ろうとするところです。

幸い、優良顧客に支えられ、当社の高いレベルのIT技術者の活躍の場が広がろうとしています。

当社を活用することで、真の情報技術の勝者となる顧客企業のフルサポートを拡大し、当社に参加する高度IT技術者の育成と活躍の場を提供していく所存です。

皆様のご支援と、意欲のある若者の参加をお待ちいたします。

代表取締役社長
藤岡 宥三

Comments are closed.