株式会社アイシーアイ

新年あけましておめでとうございます

 本年は子年(ねどし)で干支は庚子(かのえね)
 庚子は変化が生まれる状態、新たな生命がきざし始める状態なので、全く新しいことにチャレンジするのに適した年とも言える。
 日本ではオリンピックの年で、「オリンピックまでは」とか「オリンピックが終われば」とか、何かとオリンピックを軸にものを考えがちであった。
 干支から期待すると、日本も何か新しいことが始まる年なのかも知れない。

 ICIも11年目の年に入っているが、そろそろ新しいチャレンジが出来れば良いのだが。
 その芽は昨年仕込んでいるはずで、是非大きく育てていただきたい。

 このところ、日本は情報技術に関して、世界の先進国から遅れをとっているようであるし、発展途上国からは背中まで追いつかれようとしている。
 社会学者エズラ・ヴォーゲルによる1979年の著書「ジャパン・アズ・ナンバーワン」に日本は高く評価されたが、最近でもヴォーゲルは、「世界の中で、日本の役割は大きい」と述べている。
 まだ、期待して良いのかも知れない。

 今年は是非、新しいICIの時代を切り開く年にしたいものである。