株式会社アイシーアイ

3年、30年、3代目

『3年、30年、3代目』とは、企業の寿命のことである。 日経ビジネスによれば、会社の寿命は5年としているが、多くの企業が3年以内に消えていく。 この3年超えると、次の節目は30年。 30年間で4分の3の企業が消えていく。 さて、その先は100年。ファミリー企業の寿命は3代100年と言われているが、これは日本の企業だけでなく、米国のファミリー企業の寿命も3代100年である。 『3代目が会社をつぶす』とは良く言われているが、日米で同じ状況のようである。 ところで、当社の創業は2009年で、今年で8年経過した。 最初の節目の3年をクリアしたから、つぎは30年の節目を目指すことになる。 私が当社に来て …

2017年8月10日 新米社長のつれづれ