株式会社アイシーアイ

香港

 1996年にイギリスが中国に返還する直前の香港に駐在していたことがある。  当時は香港はアジアの金融センターとしており、誠に活気のあふれた都市であった。  私はN社に勤務していたが、日本企業の駐在員たちの集まりがあり、何人かの人が私に『返還後の香港はどうなる?』との質問が相次いだ。  N社のアナリストの見通しは、『イギリスと中国の約束は、香港は50年間自治圏とし法律その他の制度を変えることは無いとの約束があり、変化は無い』とのことであったので、そのまま私も伝えた。  当時でも、『本当かな?』と疑問を投げかける人もいたが、昨今の香港の状況を見る限り、私のとんでもないミス・ジャッジであった。穴が …

2019年10月28日 新米社長のつれづれ