株式会社アイシーアイ

企業改革

 ミスミグループ本社シニアチェアマン三枝匡氏は日本で初めてターンアラウンド・スペシャリストとして、赤字企業の再生を職業とした人である。 1980年代に赤字ベンチャー企業を次々と立ち直らせてきたが、東京証券取引所1部上場企業の再生を任されて、初めて失敗した。  得意のベンチャー企業再生と何が違ったか。  病気を抱えた大企業は簡単に倒れるものではなく、ピントのずれた経営者でも何とか10年以上生き延びるが、徐々に企業は衰退し、最後に死の谷に落ちるという。バブルのはじけた1990年代初めから、シャープ、ダイエー、日本航空、日産自動車などが次々に経営に行き詰った。  これらの会社に共通する問題は、企業の …

2020年3月31日 新米社長のつれづれ